北九州市小倉北区の大学受験のための英語専門塾・予備校 bes(ビー・イー・エス)

北九州市の大学受験英語 besのブログ

Archive

Category

成績が上がらない塾は塾ではないと思っています

Date:2018年9月13日 / Category:雑感

大学受験英語besは、独自のbesメソッドで生徒さんたちの英語の成績を大きく上昇させています。

 

入会していただければわかりますが、誰でも入会すれば成績が上がると申し上げているのではありません。

入会して頂き、besの指導を素直に聞き入れ、100%の努力をすれば英語の成績は上昇しますと申し上げています。

 

全ての生徒さんが入会される理由はそこにあると思いますので、そのことについては徹底的にこだわりたいと考えております。

もちろん、大学受験英語besには成績がなかなか上昇しない生徒さんも少数ですが在籍しています。

その生徒さんの上昇しない理由は、生徒さん本人も、大学受験英語besもきちんと理解しています。

ですので、その生徒さんが本気になって100%の努力を開始するのを待つ、または、開始したとして、上昇し始めるのを待つ、

そういう状態です。

 

全ての生徒さんが成績上昇を期待して入会されると書きました。

それ以外に、もちろん、将来役に立つ英語力獲得やその基礎の獲得といった目的もあるとは思います。

ですが、やはり、どの生徒さんも『自分の成績はどこまで上がるのか。自分はどこまで行けるのか』が見てみたいのだと思います。

 

大学受験英語besは、その思いに対して、決して中途半端なことは致しません。

どのクラスにご入会いただいてもわかると思うのですが、どの生徒さんも非常に熱心で真面目です。

 

クラスの雰囲気はどういう感じですか?という質問をお持ちの保護者様もいらっしゃると思います。

どうかご安心ください。もちろん、たまには笑いも必要ですし、笑顔も必要ですが、授業中の私語などは一切ありません。

たまたま入会したら友人がいたということはありますが、授業中は全く私語などはありません。

私語ができるような雰囲気ではありませんし、私語をしている場合ではないのです。

 

成績を上げて自分の英語力を伸ばし、大学受験で合格に近づける。自分の英語力を磨きに磨いて将来に役立てる。

生徒さんはそこを目指して全力で授業を受講していますので、その気持ちをお持ちでない生徒さんがクラスにいると、お互いに不幸なことです。

 

ですので、ご入会をご希望・ご検討の生徒さん、保護者様は、そのことをご理解いただきますよう、切にお願い申し上げます。

 

成績が上がらないまま、どうにかなるだろうでは、その生徒さんの大学受験はどうにもなりません。

せっかく中高一貫校に入学したのに…。せっかく第一志望の公立高校に合格したのに…。

その状態に何か変化を与えない限り、その状態は変化しません。

 

大学受験英語besは有名な塾ではありません。

まだ、設立して6年目の英語専門塾です。

しかし、これまで卒業していった先輩たちは、大きく成績を上げてきました。

大手予備校の模擬試験で偏差値70台。全国最大規模の模擬試験で偏差値80台後半。

これが、本当だということは入会して頂ければご理解いただけると思います。

 

現在、中3コースからスタートした高校一年生は、もう、大学入試レベルの問題を解いて、解説を聞き、復習テストに臨んでいます。その大学のレベルも、高校一年生には無理でしょうというレベルの大学を扱っています。

 

無理して高いレベルをやっても意味がありませんが、無理ではないことは、学校の成績や模擬試験の成績が証明してくれていると思います。

 

大学受験英語besがずっと追求してきた英語力上昇のノウハウと生徒さん自身のやる気と努力が重なれば、かなりのレベルに到達することは先輩たちが証明しています。

どうかホームページの体験記をご覧ください。

 

大学受験英語besが存在するのは、生徒さんたちの英語力上昇のためであり、それ以上でも以下でもありません。

 

できるだけ早期に本気の英語学習を大学受験英語besでスタートさせてください。

 

中学1年生から大学受験の英語なんてスタートさせる意味があるの?

その疑問にも、近いうちに改めてこのブログでご説明させていただきたいと思います。

生徒さんたちの英語の力が上昇しなくなったら、大学受験英語besの存在意義はない。

そう思って、毎日、毎週、準備をし、生徒さんたちと向き合っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ